Heart and Hand Harmony

2008年2月アーカイブ

来たる2008年3月29日、午前9:30より恒例のアマミの展示会を開催致します。
日頃の各得意先様のご愛好もありまして、今年も多数のメーカーが出展します。
お忙しい中と思われますが、当社社員一同心よりご来場をお待ちしております。

開催日 2008年3月29日(土) 午前9:30~午後6:00
           3月30日(日)午前9:30~午後6:00


会場   堺市民会館4F

|
jn080118-2-1.jpg

持ち運べてどこでも※1来客応対! ワイヤレスで手軽に増設できる!
家じゅう「どこでも※1ドアホン」がさらに快適、便利に!

「大画面」斜めからもきれいに見える!5.2型IPS液晶
操作や設定がスムーズにできる! 操作ガイド表示

ファクス・電話で来客応対できる!
ワイヤレスアダプター機能

留守中の来訪者を確認できる!
録画機能(8枚連続※2:50件、1枚:100件)

     
本体希望小売価格  オープン価格 

松下電器産業ホームページへ


|
photo_main.jpg

毎日きれいなフィルターで、「省エネ」・「快適」・「清潔」を実現
業務用エアコンで業界初の「フィルター自動清掃機能」搭載
『クリーンZEAS-Q』新発売

ダイキン工業株式会社は、店舗・オフィス用エアコン スカイエア『ZEAS(ジアス)-Q』の天井埋込カセット形ラウンドフロータイプに、業界初※1の「フィルター自動清掃機能」を搭載した『クリーンZEAS-Q』シリーズ(4.0~28.0kW 全26機種)をラインアップし、2008年5月1日より発売します。
※1 2008年1月29日現在、当社調べ 業務用エアコンにおけるフィルター自動清掃機能において

【商品の特長】
1. 業界トップ※2の省エネ性能に加え、「フィルター自動清掃機能」でさらに年間約10%の省エネ
業界初の「フィルター自動清掃機能」により、毎日1回フィルターを自動清掃してきれいにするため、目詰まりによるエアコンの風量低下を防ぎ、毎日「省エネ」・「快適」・「清潔」を提供します※3。
<省エネ> 業界トップの省エネ性(APF:5.5)を達成し、年間消費電力量が約60%削減※4できる新型室外機に加え、フィルターの目詰まりによる風量低下が無いことから省エネ性を維持し、年1回のフィルター清掃時と比較して、さらに年間消費電力量が約10%低減※5できます。
<快 適> フィルターの目詰まりによる風量低下がないため、冷暖房の気流分布が常に維持され、室内温度ムラを抑えて快適性を維持します。
<清 潔> フィルターを自動清掃するので、従来のように清掃時に汚れたフィルターに触ることがなく、ホコリが周辺に舞う心配もありません。また、吸込グリルの形状を従来の格子状からスリット状に変更することで、グリルのホコリ汚れを軽減し、室内機の外観の清潔さも維持します。
※2 2008年1月29日現在、当社調べ ペア機3馬力組合せのAPF(通年エネルギー消費効率)において
※3 本商品はオフィス・物流販売店舗等での使用を想定しています。(飲食店舗等、油煙を含む場所、喫煙室では使用できません)
※4 10年前の当社一定速機との比較
※5 オフィス使用を想定 APF算出条件:JRA4048-2006において、風量低下を考慮した当社算出


2. "簡単"ホコリ回収を実現、「ホコリ検知センサー」でホコリ量が多くても安心
1日1回フィルターを自動清掃し、ホコリはファンの風を利用してダストボックスに集めます。集めたホコリは年1回※6お手持ちの掃除機により、室内機パネルの「ホコリ回収口」から吸い取るだけで、簡単に回収でき、フィルターのメンテナンス時間が約1/10※7と大幅に低減されます。また、業務用途では業種によってホコリの量に違いがあるため、「ホコリ検知センサー」によってホコリの量を検知し、ホコリ回収時期を室内機LEDとリモコン表示でお知らせします。
※6 オフィス用途で約1年に1回(1年間のホコリ量を34gとして当社試算)
※7 従来:約15分→今回:約1.5分(掃除機によるホコリ回収時間と、フィルターの脱着・掃除機での清掃時間との当社比較)


3. 「クリーンナビ機能」で、ホコリ回収方法・手順をリモコンにイラスト表示
業務用途では不特定多数の人がエアコンを操作するので、初めて扱う人でもすぐに分かるように、ホコリの回収方法と手順がリモコンにイラストで表示される「クリーンナビ機能」を搭載しました。


4. 省エネによる「CO2削減」、「省冷媒化」、「梱包材削減」で環境に配慮
当社独自の「高効率圧縮機」を採用した新型室外機により、約60%(約1280kg)のCO2排出量削減※8となり、これは杉の木を約92本植林※9した場合と同じ効果です。また、冷媒回路の変更による約2%の冷媒量削減、梱包材(底面)の約30%削減など、環境にも配慮しています。
※8 10年前の当社一定速機との比較。CO2排出計数は0.555kgCO2/kWhを使用「温室効果ガス排出量算定・報告マニュアル」より
※9 杉の木1本あたり年間約14kgのCO2を吸収するとして試算 「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」より

もっと商品の事が知りた~~~い!!と思った方は・・・・こちらのページへ今すぐアクセス!!→【ダイキン工業ホームページへ】

|
最初のページに戻る このページのトップに戻る

アマミメールマガジン